女の人

目のコンプレックスの解消

眼

手術方法と注意点

目が小さい、一重で目が細く見える、まぶたが腫れぼったい、などのコンプレックスを抱えている人はたくさんいます。そのような目は、目つきが悪く見える、重たい印象に見える、などの様々な弊害をもたらしてしまうことがあります。特に、女性は気にしている人が多いのではないでしょうか。しかし、美容整形外科を利用すれば、そのような深刻なコンプレックスは簡単に解消させることが出来ます。美容整形外科では、目を二重にしたり、腫れぼったさを解消したりといった手術を簡単に受けることが出来ます。基本的に、一重を二重にするというのは、難しいことではありません。最近ではメスを使わず、糸を使って簡単に二重の手術を行うことが出来ます。その方法は簡単で、まず二重を作りたいラインを医師と決め、その両端と真中付近の皮膚を特殊な医療用の糸で結びます。そうすることで皮膚に自然なラインが出来て、きれいな二重を作り出すことが出来ます。この方法は埋没法と呼ばれ、二重の手術方法の中でも最もポピュラーで、負担も少ない方法と言われています。費用も他の方法と比べ安く、クリニックによって違いますが平均的には両目で10万程度と考えておいて良いでしょう。他の手術方法としては、目頭切開法、部分切開法などがあります。これらの手術は、メスを使う手術です。費用は埋没法よりも高いですが、一度行ってしまえば永久に効果を持続させることが出来るという、大きなメリットがあります。また、どのような手術を行うに当たっても、大切なのはダウンタイムの過ごし方です。メスを使わない埋没法でも、手術後は目が若干腫れて、ヒリヒリした痛みやかゆみを感じる場合があります。そのようなときに、メイクをしたりコンタクトをしたりなどしてしまうと、感染症を起こしてしまう危険があるのです。メイクやコンタクト、お風呂などは医師の指示をしっかり守り、ダウンタイム中に禁止された期間は使用を避けましょう。感染症を予防することで、確実に正しい結果を得ることが出来ます。また、ヒリヒリなどの症状が出た場合は、氷で冷やすなどの対応をして症状を和らげましょう。完璧に理想の目を手に入れるために、術後のケアをしっかりと行うことが大切なのです。特に、目頭切開や部分切開は、皮膚に直接メスを入れる手術なので、ダウンタイムも長く腫れやヒリヒリなども長引いてしまうことが多いです。術後は、特に安静にして過ごしましょう。このように、二重の手術はとても簡単であり、術後のケアをしっかり守るだけで確実に効果を得ることが出来ます。二重は、一重や目が細い人などの憧れでもあります。一度手術を行ってしまえば、毎朝二重にするためのメイクを頑張る必要もなくなります。プチ整形が流行ってきたこともあり、美容整形手術は敷居の高いものではなくなってきました。コンプレックスに悩み毎日のメイクに時間をかけるよりも、まずは美容整形外科に行ってみましょう。カウンセリングは無料で行っているというクリニックも多いため、いくつかのクリニックを回って自分に合うクリニックや先生を探す、というのも良いでしょう。