二種類の方法から選ぶ

目元に触れる人

複数の方法を併せる

二重整形手術には、主に埋没法と切開法の二種類の方法があります。埋没法とは、糸でまぶたを理想の形に固定する方法を指します。まぶたには糸を通すために針を通すことになりますが、小さな針穴程度なので、切開に比べれば体の負担は少なく済むといえます。手術後のダウンタイムも少なく済むので、早期回復が望めるでしょう。しかし、埋没法は手軽である反面、糸が取れやすいという欠点も持っています。手術の際には従来よりも頑丈な糸が使用されるようになりましたが、それでも目を強くこすったりすれば何かの拍子に糸が切れてしまうこともあるので、十分に注意しましょう。埋没法で使用される糸は目立ちにくいものが使用されますが、きちんと埋没されずにまぶたから飛び出してしまうことがあるので、腕の良い医師に手術を依頼することが大切です。埋没法には問題点もありますが、何よりも傷が目立ちにくく回復しやすいという点が魅力の施術方法になります。万が一術後の仕上がりが気に入らなくても糸を外せば元に戻せるので、二重まぶたを手に入れたいという人は、まずは埋没法から試してみるというのも一つの手です。一方、糸が外れたり切れる心配を抱える埋没法とは異なり、半永久的に美しい二重まぶたを維持できるのが切開法です。切開法とは、まぶたに意図的に傷を作り出し、その時に筋肉と皮膚の間に跡を残すことで二重まぶたを作り出す施術方法です。肌を傷つけるため、回復して傷跡が完全に消えるまでに一年以上の時間を有しますが、一度手に入れた二重まぶたは半永久的に維持することが可能です。切開法は誰でも受けることが可能な施術なので、まぶたが大きくて埋没法に適さない人は、切開法を選ぶと良いでしょう。二重整形手術の方法は主に埋没法と切開法の二種類ですが、この二種類の方法に更に追加することでより理想的な二重まぶたに近付くことができる施術方法があります。それが、目頭切開手術です。アジア人には蒙古ひだという目頭を覆う皮膚がついている人が多いですが、蒙古ひだがあると目が小さく見えてしまうという欠点があります。蒙古ひだを取り除くだけでも目を大きく見せることが可能となるので、二重整形手術と併せて申し込みましょう。反対に、目じりを切開するという方法もあります。目じりを切開することで目の大きさを自在に調整できるので、医師と相談の上、希望する仕上がりになる方法を探しましょう。憧れの目の形といえば二重を挙げる人はたくさんいますが、中にはたれ目やネコ目など特殊な目の形を希望する人もいます。たれ目形成など自分の希望する目の形を実現できることもあるので、希望があれば医師に伝えておくと良いでしょう。目が不自然な仕上がりになっては意味がないので、医師の説明によく耳を傾けて、違和感がない魅力的な目に仕上がるように入念にカウンセリングしてもらいましょう。埋没法と切開法では体が受ける負担やダウンタイムも異なってくるので、仕事や日常生活との兼ね合いも考えて施術を申し込むことが大切です。近年は手ごろな料金で二重整形手術を受けられるようになりましたが、クリニックによって料金設定は異なるので、よく比較して申し込みましょう。

目をきれいに見せるには

カウンセリング

瞼を二重にするための方法は、化粧品を利用するという方法と、整形手術を行うという方法があります。自分に合った方法を見つけるためには、インターネットなどによる情報収集が欠かせません。また、お金や状況も考慮するといいでしょう。

理想の瞳を作る為に

頬を触る人

憧れの二重を手に入れる為には美容整形が大変便利です。二重整形には様々な方法があるので、まずはきちんとドクターに相談をしながら自分に合った施術を見つける事が大切です。是非理想の二重を手に入れる為にも、安心出来るクリニックを見つけましょう。

目のコンプレックスの解消

眼

目を二重にするためには、美容整形外科での整形手術を受けましょう。メスを使わない埋没法や、メスを使った部分切開法など様々な種類があります。ダウンタイムをしっかり守り、感染症予防に注意するだけで確実に確かな効果を得ることが出来ます。